貧乏な人ほど喫煙習慣による税金負担率が高い
2020.05.13
大学生の息子がタバコを吸っているのを発見したときに私は親としての無力感を感じました。息子にはタバコの害はもちろんのこと、中毒になる怖さも話してきました。気管が弱い子でしたから、大人になっても自分はタバコを吸わないと本人も言っていたのですが、既に喫煙習慣が身についていました。

タバコは「百害あって一利なし」です。肺だけでなく脳や血管、胃や皮膚など、体のあらゆる部分に悪い影響を与えます。また、喫煙習慣は老け顔にも繋がります。イギリスの双子姉妹によるシミュレーション写真は有名でタバコを1本吸うと寿命が5分短くなるという研究と同じくらいインパクトのある写真です。

さらに、ニコチンは金銭感覚もおかしくします。セブンスターで1箱300円。1日1箱として1か月約1万円です。生涯タバコを吸い続けるとして60年間で720万円です。そして、だれよりも税金を納めていることになります。タバコの税率はなんと63,1%。1箱300円のタバコを吸うと189,3円の税金を納めていることになります。


タバコ好きの人は別として、お金持ちであっても、1日にタバコを2箱も3箱も吸うことはできません。貧乏人であってもタバコを吸う量はそれほど変わらないでしょう。つまり貧乏な人ほど収入に対して高い税負担をしているわけです。また喫煙習慣のある人とない人を、保険料で差をつけている保険会社も何社かあります。


男性が3000万円の保険金で10年更新の定期保険に加入した場合、安い会社でも保険料は月々6,200円くらいですが非喫煙者割引のある保険会社では5300円くらいになります。さらに血圧や体重など保険会社がもうける「健康体」の条件を満たしていれば4,620円と、約3%も安い保険料にしている会社もあり、30年以上払い続けたときの差は56万円にもなります。


喫煙習慣のあるなしで保険料を差別化している保険会社は日本ではそう多くありません。均一の保険料にして吸わない人からも割高な保険料を払ってもらったほうがベターだと考えているのだと思います。ですが、喫煙率は下がってきていますのでタバコを吸う人がいつまでも同等な扱いをされるとは思えません。


喫煙が病気を引き起し、治療が必要となれば投薬料、入院費も発生します。嗜好品代などとおおらかに見逃せない支出です。タバコを吸う習慣は害を与えるだけでなく、生涯収支にもかかわってくるのです。また、タバコの煙は建物を汚すということで、喫煙スペースを屋外に設置するビルが増えています。喫煙スペースまで往復するために、自分のデスクから10分かかるというビルもあるといいます。


さらには能力のある人でも喫煙習慣があるために仕事上の評価が上がらないことも考えられます。タバコを吸うと頭がスッキリするような気になるのはニコチンが補充されるからで、ニコチン欠乏→喫煙してニコチン補充→ニコチン欠乏を繰り返す中毒症状です。意志が弱いからやめられないのではありません。


かくいう私も実は20代のころに喫煙習慣がありました。その間、毎日禁煙したいと思いながら、なかなか実行できなかったのですから、禁煙の難しさは分かっているつもりです。今は禁煙の方法も研究が進んでいます。まず本人が病気だと受け取めることが大事です。血液内のニコチン濃度が減る過程が苦しいので吸うための色々な言い訳を考え出し始めますが、苦しいのは病気ですから仕方ありません。

ニコチンガムやニコチンパッチなど使って症状を抑えつつ、ニコチンゼロの体になれるまで頑張りましょう。健康保険の適用になったので、病院で処方してもらうこともできるようになりました。少々治療費はかかっても生涯収支で考えれば僅かな経費なのです。
2020.05.13 17:24 | 固定リンク | 日記
お金を預けるなら、金利が高いところのほうがいいに決まっていますが高い金利には見つけにくい訳がある
2020.05.13
お金を預けるなら金利が高いところの方ががいいに決まっています。でも、周りよりも大幅に金利が高い時は、まず疑ってかかる習慣をつけましょう。金利とは、早く言えばお金が増えるスピードのことです。100万円に10%の金利がつくということは1年間で10万円の利息がつくことになります。

でも、この低金利の世の中で10%もの金利のものがあるなんて、普通に考えればありえません。過去に悪徳商法に引っかかってしまった人は自分だけは別だと考えたのでしょう。うまい話をなぜ信じてしまうのか?これには信じさせる巧妙な仕組みがあるのです。

例えば、そんなうまい話があるわけないと思っていても「保証する」と言われると信じがちです。でも悪徳業者自身に「保証」されても、何の価値もありません。また、破格な金利が最初は約束通り払われるというのが定番のパターンです。数回高い利息をもらうと、すっかり信用してしまいます。そして、さらに投資額を増やす・・・。結局、損害がさらに大きくなる負のループに陥ります。騙す仕組みはいつも似たようなものです。

でも、私たちは巧妙な仕組みを見破る方法を学ぶ必要はありません。お金の常識を踏まえていればよいのです。預金の金利が1%以下の時代、そもそも常識から考えれば不可能な金利だと考えるのが良識ある大人というものです。では、ありえそうな範囲で高い預け先はどうでしょうか?例えば、2%とか3%とか、このくらいだとこういうよいものが世の中にあったのかと感動したりします。そして自分だけが発見したという気になりがちです。

ですが、預金が1%以下の時代では3%でも破格の高さです。そういう金利の表示を見かけたら、どこかに自分の気が付いていないリスクが隠れていないかどうか考えてみる習慣を身につけてほしいのです。例えば、オーストラリアドルとか南アフリカの通貨などは金利が高いのですが、金利が高い国は物価も高いことが多いので金利で増えても通貨の価値としては目減りすることが多いのです。

結局、為替次第です。預けた時よりも円安になっていないと元本割れしがちです。米ドルなら円高、円安はテレビを見ていても伝わってきますが、主要国以外の国だと情報が入りにくいものです。短期の為替益狙いか、その国が好きでたまらないという人以外は米ドルからスタートしましょう。

その他、例えば「仕組み預金」という複雑な金融商品もあります。金利は高いのですが、日経平均株価が1万円になったら、あるいは、ドル円の為替が80円になったらなど、予め水準が決められていて、この線に一度でも達したら非常に不利な条件になってしまうものです。

2008年9月に起きた金融恐慌では個人だけでなく、この手の金融商品で巨額の損失を出した企業は少なくありません。隠れたリスクが見えていなかったと株主にひたすら謝る社長の姿も新聞で報道されていました。高い金利を謳っているものは何かしらワケがありますが、興味と時間があれば販売窓口の金融機関の担当者に分かるまで尋ねてみましょう。

金融機関には厳しく説明責任が課せられていますので、質問攻めにしていくと「お客様には預金のほうがよろしいかと・・・」と、やんわり断られるかもしれませんが、いい勉強になります。色々質問したけれど、やっぱり金利の高い理由がよく分からなかったならば、その運用先は利用しないことです。
2020.05.13 16:56 | 固定リンク | 日記
愛国教育がもたらした中国の若者たちの先入観
2020.05.13
「蟻族」の現象は北京だけに限った話ではなく、中国全土に広がっているようです。首都・北京は大卒者向けの求人が比較的充実しているはずですから、むしろ地方のほうが実態はさらに深刻なのではないでしょうか。「いい仕事に就きたい」と思っても、なかなか望みどおりの職に就けないのは大学生の数が増えすぎたことが大きな要因です。

中国の大学生の数は2009年までの8年間で実にに5倍以上にも増えているのです。2011年の大卒予定者は約660万人と、2年前に比べて約50万人も増加しており、3月時点の就職内定率は7割前後にしか達していません。残る3割は中国の大学卒業時期にあたる6月中旬までに就職が決まらないと「蟻族」への道を辿ってしまう可能性があります。

中国のマスコミは「名門北京大学の修士課程を修了したのに就職が決まらず故郷に戻って塗装エになった女性」や「大学在学中から焼き芋屋として起業した女性」のエピソードなど大学生の就職難の実情を頻繁に取り上げています。

高学歴人材を上手に活用できないことは中国の今後の経済発展にとっても大きな問題です。若者の世の中に対する怒りが募って社会不安に結び付くのも中国政府としては避けたいところです。

そのため温家宝首相は2011年3月に開かれた全人代で「大卒者の雇用創出を最優先する」とアピールしました。具体的には雇用創出のために423億元(約5,500億円)の予算を投じ、技能訓練などの就職支援を強化する考えです。

しかし、大学生の中でも共産党幹部や国有企業関係者の子弟はいい会社に就職しているのに、低所得者や農民の子どもたちは、どんなにいい大学を出ても職に恵まれないという、あからさまな差別も存在します。そうした矛盾を根本的に正さない限り「蟻族」問題は収まるどころか、ますます深刻化する可能性すらあります。

数年前、中国の20代の若者たち数人と上海のとあるレストランで食事をしたときのことです。1人だけ数日前に地方からやって来たばかりの少女がいました。日本人に会うのは生まれて初めてだそうで「イメージしていたのと全然違う」と驚いていました。彼女がイメージする日本人とは背が低く、丸坊主頭で、カーキ色の軍服をまとった姿だというのです。

つまり大日本帝国陸軍の兵隊の格好そのままです。さすがに彼女が思い描いたような日本人像は現代の中国の若者の間では、あまり一般的ではありません。中国では既に1990年代から「東京ラブストーリー」(中国語題名「東京愛情故事」)、「ひとつ屋根の下」(中国語題名「同一屋櫓下」)といった日本のトレンディドラマや映画の海賊版ソフトが普及しており、最近では日本で放映されたばかりのドラマがその日の深夜には中国の無料動画サイトに違法アップロードされてしまいます。多くの若者たちは、そうしたコンテンツを通じて、いまの日本人のファッションやスタイルをよく知っています。

とはいえ、インターネットも通じていない地方の片田舎で生まれ育った若者の中には日本のコンテンツに一度も触れたことのない人もいます。おそらく彼女は中国のテレビで毎日のように放映されている「抗日片」(日中戦争を題材にした戦争ドラマや戦争映画)を幼いころから繰り返し見続けた揚げ句「日本人」=「帝国軍人」というイメージを頭に焼き付けてしまったのでしょう。

学校では愛国教育を叩き込まれ、テレビのスイッチを入れれば残虐な日本兵が中国人をいたぶる姿が目に飛び込んでくるのですから、中国の多くの若者たちの心に強烈な反日感情が宿るのも無理のない話です。既に何度も述べているように中国の愛国教育は1989年の「天安門事件」以来、失われつつあった中国共産党の求心力を取り戻すために日中戦争を勝ち抜き、中華民族を守り抜いた共産党の功績をアピールする目的で行われたものです。

中国の若者たちは愛国教育を通じて中国共産党こそが中華民族の利益を守る絶対的な「正義」であり、日本はその正義と対峙する「諸悪の根源」であると徹底的に教え込まれました。学校教育のみならず新聞や雑誌、テレビ、ラジオ、映画などあらゆる中国のメディアにおいて反日を是とするコンテンツがいまでも溢れ返っています。

「愛国教育」を「反日教育」と言い換えても全く違和感はありません。共産党の正義を際立たせるため、都合のいいように歴史を糧造して国民に教え込んでいることも問題です。その実情については、歴史作家の井沢元彦氏と、舌鋒鋭い中国批判で知られる中国生まれの作家、金文学氏がまとめた「逆検定中国歴史教科書-中国人に教えてあげたい本当の中国史」(祥伝社黄金文庫)などに詳しく書かれていますので興味のある方は読んでみてください。

2020.05.13 16:51 | 固定リンク | 日記
中国版ワーキングプア「蟻族」はなぜ増えている?
2020.05.13
我慢をするのが嫌いな世代ですから、結婚相手選びに妥協を許すはずがなく金銭的にも恵まれて育ってきているので貧しい男と結婚して苦労したいと思うはずもありません。使い慣れたパソコンを駆使して「婚活サイト」で理想の相手を探し求めようとするのも理解はできます。

しかし、これでは結婚できない男女が増え続け、ただでさえ深刻な少子・高齢化がますます加速して長い目で見ると中国の成長力をスローダウンさせることになってしまいそうです。「80後」が労働人口のかなりの割合を占めるようになった今日、そのわがままな態度や打たれ弱さが、企業現場では深刻な問題になっているようです。

わたしが知る中国の経営者たちは「80後の若者たちは、ちょっと叱るだけですぐやる気をなくしてしまう」「仕事がつまらないからと言ってすぐに辞めてしまう若者が多い」と口をそろえます。そうしたやる気のなさや仕事に対する中途半端な態度が中国経済の活力を削ぎ落としかねないことも懸念されます。

一方で「80後」には中国の個人消費を支えるマーケットリーダーとしての期待も高まっています。ファッションやトレントに敏感な彼らは好きなものにはとことんお金をつぎ込む傾向があるからです。なかには給料の大半を美容やファッション、自動車ローン、フィットネスクラブなどの娯楽に費やし、月末にはほとんどお金が残らないような生活をしている若者もいます。

このように貯金もせず収入の大半を使いはたしてしまう若者のことを中国では「月光族」と呼びます。「月光族」の中には月々の収入だけでは足りず、親から仕送りをしてもらったりクレジットカードのリボ払いを利用したりして借金を先送りしながら消費に明け暮れている若者も少なくありません。20代から30代前半の「80後」たちは、それほど多くの給料をもらっているわけではありません。

けれどもインターネットや雑誌で紹介されているようなおしゃれなライフスタイルは手に入れたいので借金まみれになっても消費をやめることができないようです。過剰消費の拡大によって多重債務や自己破産の増加といった問題を招く可能性もあります。

これも中国の急速な経済発展がもたらした大きな反動であると言えるでしょう。このほかにも「80後」の新しいライフスタイルを表す流行語に「附住族」というものがあります。結婚はしたけれど、自分たちの収入だけでは暮らしていけないので、同居している親に養ってもらっている若者たちのことです。

中国の不動産価格は年々急上昇しており、収入の低い20代の若者が家を取得するのは並大抵のことではありません。そのため親元に住み込んで住宅費を浮かし、それだけでは足りずに生活費まで援助してもらっているのです。ある調査によると、このように結婚した子どもを親が養っている家庭は中国の全世帯の6割近くにも上ると言います。

急激なインフレや住宅価格の上昇は中国の若者たちの生活を直撃し、彼らの親の世代も、かわいい子どもたちのためになけなしの資産を取り崩しながら生きているのが実情なのです。「80後」世代を象徴するもうひとつの流行語に「蟻族」というものがあります。

大学を出たのに学歴に見合った仕事を見つけることができず、低賃金の単純労働や臨時仕事に甘んじている若者たちのことです。日本流に言えば「フリーター」ということになるでしょうか。この新語が生まれたのは2009年9月、北京大学のある研究チームがまとめた「蟻族-高学歴ワーキングプアたちの群れ」(日本では2010年9月に勉誠出版が翻訳発行)という一冊の本がきっかけでした。北京で低賃金労働に明け暮れる大学卒業生たちの厳しい生活実態をレポートしたものです。

同書によれば「蟻族」には「高学歴」「弱小」「群居」(群れをつくって住む)の3つの特徴があります。月収2,000元(約2万4,000円)未満の低賃金で酷使されている「蟻族」たちは、まともな部屋に住むこともできません。そのため家賃が安い代わりに住環境の劣悪な北京市郊外の村に住み、毎日片道何時間もかけて北京市の中心部にある職場まで働きに出掛けます。

安い住居が密集する村に群れ集い、夜が明けると一斉に働きに出掛け、深夜になるとクタクタになって戻ってくるさまが、まるで「蟻」のようであることから「蟻族」と名付けられたのです。同書に登場する「蟻族」の年齢層は22歳~29歳で「80後」世代にピタリと当てはまります。
2020.05.13 16:50 | 固定リンク | 日記
収入口座と支出口座でお金がみるみる貯まっていく
2020.05.13
細かい管理が不要で収支がはつきりし、しかもお金が貯まっておすすめの方法があります。それは給料が入る「収入口座」と「支出口座」を別にすることです。支出口座には部屋代や携帯代など自動引き落としの支払額も含めた毎月一定額を移動させます。お金が足りなくなったときも、一旦収入口座から支出口座にお金を移動させてから引き出すようにします。

こうすると通帳を見るだけで収入と支出が掴めます。そして収入口座に残ったお金が貯められているお金となるので、出来るだけ残そうという気持ちになります。すると、お金をよく考えて便うようになり、更に貯まりやすくなるという「いい循環」が生まれます。

そんな面倒なことはしたくないと思うかもしれません。しかし、銀行通帳1冊で何でもひとつの口座に集中させたほうが簡単だと思っていませんか?でも、実はそうではないのです。ひとつの口座だけにすると手間はかかりませんが、代わりにお金を扱う能力が低下します。

お金は何に使ったかを記録するよりも、どう使うかの計画を立てることの方が大事です。口座をひとつにしてしまうと家計簿で細かく予算管理をしないと、お金の使い方が上手くなりません。例えばボーナスが入った時のことを思い浮かべてください。ひとつの口座にしていると口座の残高はボーナス分多くなるわけですが、月々の生活費に紛れていつのまにか使ってしまっていたということはないでしょうか?

ボーナスが収入口座に入っても支出口座に流すお金を原則一定額にしていればボーナスを何となく使ってしまうようなことはなくなります。ボーナスを使うときも、一旦支出口座にお金を流し、支出口座から引き出して使うようにすると記録が残り、今後の計画を立てるときに役に立ちます。

また、残業代の変動が大きい人も収入口座と支出口座が別になっていると大きな効用があります。残業代の有る無しに関わらず同じように暮らしていくようになるため、急に残業代がカットされるようなことがあっても慌てずに済みます。

共働きの家庭でも収入口座に一旦2人の収入を一緒にして、支出口座に一定額流すようにします。それぞれ平等に小遣いを取るようにすれば、不満も出にくいばかりではなく共働きのパワーで収入口座にどんどんお金が残っていきます。同じ銀行に第2の口座を作ることができれば、お金を移動させる手数料を抑えられます。

半年に1度の残高記録で貯蓄履歴を残そう

半年に1度、ノートや手帳に各口座の残高を書き写すことを習慣にしましょう。自分の資産の定点観測をするのです。パソコンが使えるならエクセルなどの表計算ソフトで一覧表にしてもよいでしょう。書き写したり入力したりすることで○年○月のあなたのお金の残高記録が残ります。

銀行の定期預金なら定期の満期ごとに残高のお知らせがきます。普通預金の残高はそれぞれの通帳を見ると分かるわけですが、自分の持っている全部の口座の合計額は自分で記録しようとしないかぎり掴めません。相談に来られた人の中には「なぜ自分は収入の割に貯められなかったのか」と自問自答し始める人がいます。自分のお金の使い方が釈然としなかったのでしょう。

お金のため方や使い方は自分では客観的に掴めていないことが少なくありません。でも、貯めてきた履歴を残しておくと自分の貯め方を確認したり見直したりすることができます。今はそんな記録に価値はないと思うでしょうが2、3年続けていくと貯められていた時期、むしろ減らしている時期などが分かってきます。

減らしている期間は「何故なのか」「どんなことが自分に起こっていたのか」を振り返ってみるきっかけになります。貯蓄の残高は、あなたのお金の歴史です。誰も記録してはくれません。10年、20年と続けた時に色々な時期の自分の生活が思い出されるでしょう。

少額の株でも運用してみれば相場観に役立つ

相場観というと大げさですが、今株や為替が安いのか高いのかぐらいは掴んでおいたほうがいいでしょう。日経平均株価は1989年のバブル時には3万8,957円までいきましたが、2008年には6,994円をつけ、一時はバブル時の5分の1以下になったことになります。

また、為替相場も大きく動きます。対ドルでは1995年の83,67円から3年後の1998年には144,67円と、大幅に動いています。こうした高値安値の過去の価格の幅を知らないと高値の時にに買ってしまいがちで、何年間も損失を抱えたままになることもあります。

若いうちから株や為替に触れておけば10年、20年の長い期間で運用の世界を見ていくことになります。今は資金が少なくて当然ですが、50代、60代になって退職金などのまとまった資金を持つ頃になれば若いうちから見てきた株や為替の経験がきっと役に立つはずです。

では、何をどう買うかという点です。手軽で手数料が比較的安くすむのは日経平均株価に連動するインデックスファンドと世界の株価指数に連動するインデックスファンドを、それぞれ積立てで購入していくのが良いと思います。

どちらも投資信託(ファンド)で、この2本で日本と世界の株式を積立てていることになります。いずれも大抵の証券会社で購入できるような代表的なタイプの投資信託です。ただし積立額はめいっぱいにしないことです。39歳の相談者Aさんはドル預金や株ばかりで400万円相当持っていたのですが、預金は50万円しかありません。元本保証のものが少なく、リスクがあるものがとても多いので、その訳を尋ねてみました。

するとその理由はマイホームを購入しようとしたときに、ドルや株が大分下がってしまっていたので売るに売れなかったとのことです。若いみなさんには大きなお金が必要になる時が、これから何回もあります。マイホームを購入する時や子どもの入学資金、車の買換えなどです。

その時に資産の中身が株やドルなどの価格が変動するものばかりだと上がっていても下がっていても、売りにくい気持ちになりがちです。リスクをとる積立てと預金の割合は1対2以上必要です。月々1万円ずつの合計2万円、ファンドの積立てをしたいなら預金の積立ては4万円以上できないとファンドの積立てが多すぎます。

毎月ファンドを積立てる余裕がないならボーナスごとにします。マイホーム購入などで大きなお金が必要になった時はファンドが上がっていても下がっていても預金とインデックスファンドを同じ割合で取り崩すようにします。こうすればリスク資産ばかり残ってしまったということが避けられます。

例えば預金が800万円、インデックスファンドで200万円、合計1,000万円持っているとします。800万円のマイホーム資金が必要なら預金の80%、インデックスファンドの80%をマイホーム資金にあてるという考え方です。リスク資産からも使っていくという約束事が実行できるなら積立額は多少多めにしてもよいでしょう。

また、積立日には日経平均株価とドル円レートを手帳の片隅にでもメモしていくことをおすすめします。どちらの価格も毎朝テレビや新聞で前日の価格の情報が必ず流れます。投資をしている人の殆どが必ず確認している数字です。積立てを始めた日から、あなたも個人投資家の1人なのです。
2020.05.13 16:17 | 固定リンク | 日記

- CafeLog -